探偵はBARにいる - 食べ頃シネマ 〜映画&美味しいもの!ライター&イラストレーターによるシネマレビュー〜

食べ頃シネマ 〜映画&美味しいもの!ライター&イラストレーターによるシネマレビュー〜 ホーム » サスペンス » 探偵はBARにいる

探偵はBARにいる

玉ねぎをバターで炒め、ほどよいところで、しおこしょうした薄切りの牛肉を入れる。
赤ワインを加え、デミグラスソースとトマトソース(またはケチャップ)を入れて煮こみ
しおこしょうで味を調える。

そう、ハヤシライスの出来上がり。
マッシュルームとか、なんやかやとシャレたものは入れないことにしよう。
ひたすらにシンプルなハヤシライスだ。

これを、よーく混ぜながら食べるのか、スプーンでほどよくご飯とルーをすくって食べるのか、
食べ方はまかせよう。
でも、カウンターかそれに似たテーブルがあれば、そこで食べてほしい。

何を観ながら?
「探偵はBARにいる」を観ながら……。

探偵の俺(大泉洋)は、探偵。そりゃそうだ。
たいてい、すすきののバーにいる。そのままだ。
ケータイを持っていない。連絡はバーの電話へどうぞ。

相棒の高田(松田龍平)は、相棒。そりゃそうだ。そして運転手も兼ねている。
たいてい眠そうだ。でもむちゃくちゃ喧嘩が強い。空手の師範代なのだ。

探偵は依頼に応える。そりゃそうだ。
探偵は危ない目によくあう。そう相場が決まっている。
探偵は依頼主を守る。そうでなくっちゃ。
探偵はうまくいきかけて、うまくいかず危ない目によくあう。そう相場が決まっている。

大泉洋は恰好をつける。その感じがなんだかしっくりこない。
松田龍平は恰好をつけない。その感じがどうにもしっくりくる。
今作のキーマン沙織(小雪)は、いろいろありそう、何かがありそうだ。だからキーマンなのだ。

謎とまではいかない、トリックとも違う、「そうなの?どうなの?」のうちに物語が進んでいく。
ほうら、だからハヤシライスを先にいいペースで食べておいて良かった。

作品は、2が出来、2017年には3の公開が決定している。
2もお供はハヤシライスでいいのか否か。それはあなた自身で試してみてほしい。
(Kuri)

探偵はBARにいる



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tabegorocinema.blog.fc2.com/tb.php/76-07bcfb17