恋するベーカリー - 食べ頃シネマ 〜映画&美味しいもの!ライター&イラストレーターによるシネマレビュー〜

食べ頃シネマ 〜映画&美味しいもの!ライター&イラストレーターによるシネマレビュー〜 ホーム » コメディ » 恋するベーカリー

恋するベーカリー

「恋するベーカリー」
「恋愛適齢期」や「ホリデイ」、「マイ・インターン」を手掛けた、ナンシー・マイヤーズ脚本・監督作品。

このタイトルからしたら、そうよね、映画にも出てくるチョコクロワッサンが食べたくなる映画よね。以上。
となりそうなものだけど、まずは物言いをちょいとだけ。

「恋するベーカリー」という邦題に異議あり!
だってね、原題は「It's Complicated」です。複雑な…という意味ですが、
それがどうすると恋するベーカリーなのでしょう。もうこれは、「こういうタイトルをつければ見に来るよね」という、
私たちターゲットに付けられた感ありありですもの。なんか悔しい~~。
(真剣に、多くの人に見てもらうために、考えて決めたプロの方々がいることも十分承知の上ですが)

さて、これで内容がつまらなかったらもっとヒートアップしてしまうのですが、
面白かったので、はい、ここでクールダウンしましょう。
ミックスジュースを用意してください。
そう、野菜や果物を入れてジューサーでまぜまぜして、ゴクゴクといただくミックスジュースです。
緑の葉野菜や柑橘で作った緑のジュース、ベリーやトマトなどが入った赤のミックスジュースと2種類あれば完璧です。

ベーカリーを切り盛りするジェーン(メリル・ストリープ)は、3人の子どもの母親。
長女はまもなく結婚、末の息子も大学をめでたく卒業。
そのタイミングで再会したのは、離婚して10年、今は浮気相手だった若い女とその息子と暮らす元夫・ジェイク(アレック・ボールドウィン)。
同じ頃、自宅の改築を担当する建築家のアダム(スティーブ・マーティン)とも知り合う。

ある夜、元夫・ジェイクと情事に及んでしまったところから、ジェーンの心は揺れまくる。
誠実でやさしいアダムとの関係も気になりつつ……。

ちょっと待ってよママ! おいおいマジかよ、お義母さん! まさか、ホントなのー!?
子ども、婚約者のハーレイ(ジョン・クラシンスキー)や、ジェーンの友人たちの反応はさまざま。

不倫された元夫と不倫とはなんたることなの!と本人も同様を隠せない。
一方のジェイクは、ノリノリだけど果たしてどうなる!?


自分の心、家族の思い、元夫との関係、新しい恋人の存在、
いろいろ混ざって、ただただ甘いとか、ただただ美味しいとかじゃない
ちょっとの苦みや酸っぱさ、灰汁だって感じるかも。
ミックスジュースみたいにね。
飲みやすく加工された市販のミックスジュースにはない複雑な味、
なのかもしれませんよ、人生は。

最後に、この作品がDVD化されて発売されたときには、「恋するベーカリー 〜別れた夫と恋愛する場合〜」
というサブタイトルがついたそうですが、うーん。
やっぱりタイトルについては、複雑な思いがしてなりません。あ。
(Kuri)

恋するベーカリー




にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tabegorocinema.blog.fc2.com/tb.php/73-fc02d2bd