俺たちに明日はない - 食べ頃シネマ 〜映画&美味しいもの!ライター&イラストレーターによるシネマレビュー〜

食べ頃シネマ 〜映画&美味しいもの!ライター&イラストレーターによるシネマレビュー〜 ホーム » ドラマ » 俺たちに明日はない

俺たちに明日はない

「俺たちに明日はある」と歌っていた5人組(当時は6人組)は、今年、2016年で解散してしまいますね。
この歌、結構好きでした。

だからというわけではありませんが、アメリカン・ニューシネマの傑作といわれる映画「俺たちに明日はない」。
原題はBonnie and Clyde(ボニー&クライド)です。
実話を元に描かれた作品ですが、このオシャレ感はきっと実話とは違うのだろうなぁなどと思ってみるわけです。

何がオシャレかといえば、ボニー・パーカー(フェイ・ダナウェイ)。
決して派手ではないですが、着こなしがおしゃれです。おおよそ銀行強盗に行くとは思えぬスタイリング。
彼女がいわゆるアメリカ美人のボン・キュッ・ボンッな感じの体型じゃないことも、オシャレだなぁと思います。

クライド・マロウ(ウォーレン・ベイティ)。
お姉さんがあのシャーリー・マクレーンですもの、それがオシャレというのかどうかはわかりませんが、
やはり色男っぷりがいいですね。「中折れ帽はこうやってかぶるんだよ」のお手本と言ってしまいましょう。

自動車泥棒のクライドがボニーと出会い、銀行を襲います。
初めはスリルを楽しみ、見栄をはりたい、そんなところでした。
C・W・モス(マイケル・J・ボラード)やクライドの兄夫婦も仲間に引き入れ、強盗を繰り返す一団になります。
逃げる途中で人を殺めてしまってからは、強盗殺人犯として追われる一行。
新聞にも取り上げられ、懸賞金がかかるようになる頃から、テンポがぐんぐん増していきます。

二人の男女がただただハッピーな感じではなく、気鬱な風を見せるのもオシャレ、なんです。
自動車で逃げるシーンにはコミカルなバンジョーの音が付き、
母親たちとピクニックするシーンは、絵画を見せられているような感じ。

さて、そんなオシャレなアメリカン・ニューシネマを見ながら、
テーブルの上には、麦チョコをパラパラとひろげてみましょう。
甘いけど、香ばしく、硬くもやわらかくもなく、どこか懐かしい味。
食べ始めるとなんだか後を引いてしまいます。
手のひらにいつまでも握っていては、チョコが溶けるし、放り投げて口に入れるには、ちと小さい。
パラパラしているそれは、物語後半シーンにたくさん登場するものを連想もさせてしまうような。

逃げ続ける一行は、クライドと兄のバック(ジーン・ハックマン)の名字パロウから、バロウギャングと呼ばれます。
注目を浴びた彼らの行きつく先は……。

そういえば、昔、「バローギャングB.C.」というアイドル3人組の映画がありましたっけ。
時を超え、あのタイトルって……そこから来ているのかなと知ったわけで、
ちなみに彼らは、デビューから6年ちょっとで解散したのですから、
前述の5人組は長い活動期間だったことになりますね。

おっといけない、話を作品に戻しましょう。
「俺たちに明日はない」は、日本公開から48年もの月日が流れます。
劇中に「俺たちに明日はない」というセリフは出てきません。
でも、「ボニー&クライド」のままだったら、日本でこれだけ浸透したかどうかはわかりません。

甘くはないけど、絶望的でもないこの邦題が、なんといってもオシャレなのではないでしょうか。
(kuri)

俺たちに明日はない



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tabegorocinema.blog.fc2.com/tb.php/71-7d65f476