超高速!参勤交代 - 食べ頃シネマ 〜映画&美味しいもの!ライター&イラストレーターによるシネマレビュー〜

食べ頃シネマ 〜映画&美味しいもの!ライター&イラストレーターによるシネマレビュー〜 ホーム » スポンサー広告 » ドラマ » 超高速!参勤交代

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超高速!参勤交代

無理難題を突きつけられ、いよいよ困った、さあどうする?
でもいろいろな奇跡が起こって、一件落着。
「なぁんだ」と言いながら、そんなストーリーにホッとしたりするものだ。

でもそれがあまりにも奇跡的過ぎると、「じゃああれっていったいなんだったのよ?」ってことになる。

「超高速!参勤交代」は、磐城国湯長谷藩の藩主・内藤政醇が、
藩の金山を目当てに領地召し上げをたくらむ老中・松平信祝の企てで、
戻ったばかりの参勤交代を5日のうちに再び江戸へと命じられる、
そんなー、トホホーなことにブーブー言いつつも家来たちと立ち向かうストーリー。


ロールプレイングゲーム並みに、忍びの者やらなんやらが妨害してくるし、
深キョン演じる訳あり女郎を連れて行くことになったりと、いろいろある。

では、江戸までの時間も限られていることだし、
食べものはサラサラといけるものにしよう。
映画のキーとしても登場する大根の漬物、または冷蔵庫の隅に余っているかもしれない漬物を細かく刻んで、
おかかやら、ミョウガやら、青ジソなんかがあればどれも刻んで冷飯にオン。
お茶か出汁をかけて、サラサラの冷やし茶漬けとまいりましょう。

途中、一行は結構戦います。
内藤さんは抜刀術に長け、強いんだわぁ。
ご家来衆も、「あれ?これ、るろうに剣心だっけ?」と思うほどのワイヤーアクション。

ちょっと盛り込みすぎじゃない?と思わなくはないけど、「なぁんだ!」にならないのは、
彼らが難題に直面する時に、ちゃんとどうしようかと悩み、考えていること。
金がなければ知恵を絞れとばかりに。
考える担当は西村雅彦さん演じる湯長谷藩家老の相馬兼嗣。
そして導き出した策が、奇跡や予定調和にならないのは、結局大半が自らの足を使うことだからなのだ。

素朴な大根の漬物の味を誇り、
民百姓の暮らしを護りたい士たちが、足腰使ってクリアしていくさまは、胃もたれしなくていいよね。
冷やし茶漬けも胃もたれしないからいいよね。

それにしてもなかなか豪華な役者陣。
同じ面子で笑いのないザ・時代劇も見てみたい。
(Kuri)

超高速!参勤交代






にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ

関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tabegorocinema.blog.fc2.com/tb.php/57-71ee853d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。