運動靴と赤い金魚 - 食べ頃シネマ 〜映画&美味しいもの!ライター&イラストレーターによるシネマレビュー〜

食べ頃シネマ 〜映画&美味しいもの!ライター&イラストレーターによるシネマレビュー〜 ホーム » スポンサー広告 » ドラマ » 運動靴と赤い金魚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動靴と赤い金魚

食べ頃シネマ初のイラン映画の登場。
「運動靴と赤い金魚」
ファーストシーンから、グッと目線を引きつけられる89分。

兄のアリと妹のザーラ。
貧しい暮らしの中で、母を手伝い、父を気づかういい子たち。
ある日のお使い途中のこと。修理を済ませた妹のピンク色の靴を、アリは途中で無くしてしまった。
明日から学校に履いていく靴がないと泣く妹に、兄は、自分の運動靴を一緒に使うことを提案する。
ぶかぶかの運動靴を履きながら、放課後は急いで兄の元へ。
途中の道で運動靴をバトンタッチして、学校へ走って向かうアリ。
兄弟のもとに、妹の靴は戻ってくるのだろうか、そしてアリの運動靴はどうなるのか。


靴を無くしたことを「お父さんにはだまっていて、泣くな」と妹に言う兄・アリ。
そのアリの目からは大粒の涙がぽとぽとこぼれます。
白かったはずの運動靴は、2人が交互に履くことで、そしていろいろな(靴的)運命をたどることで
汚れて、ボロボロになっていきます。

健気な兄妹を見ながら、もう親戚のおばちゃん以上の気持ちで、
悪い方にいきませんように・・・・・・と祈りたくなってしまうシーンがいくつもあって、
気がつくと少し前のめりで画面を観てしまうこの感覚。

用意したいのは、無花果。
フレッシュなものを半分に切って、いや包丁で切るというより、手でズワッと割くように半分にして、
そのままかぶりつく感じでいいのです。
個人的には皮ごといってほしいのです。
皮の少しザラッとした感触、種のプチプチっとした食感、劇的な甘さではなくほんのりした甘みも
「運動靴と赤い金魚」の世界観にハマるのではないでしょうか。
凍らせておいて、映画のはじまりから皿の上に出しておき、
中盤、喉がなんとなく渇いてきはじめたとこころで、シャーベット状の無花果を食べるのもまたおすすめ。

観終わってホッと一息ついたところで、続きを食べようとお皿を見たら
あれ、もう無花果は残っていなかった。
そんなところも映画の余韻にはぴったりくるような。
(Kuri)

運動靴と赤い金魚


運動靴と赤い金魚 [DVD]運動靴と赤い金魚 [DVD]
(2012/04/04)
ミル=ファロク・ハシェミアン、バハレ・セッデキ 他

商品詳細を見る


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ





関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tabegorocinema.blog.fc2.com/tb.php/43-78833503

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。