男はつらいよ - 食べ頃シネマ 〜映画&美味しいもの!ライター&イラストレーターによるシネマレビュー〜

食べ頃シネマ 〜映画&美味しいもの!ライター&イラストレーターによるシネマレビュー〜 ホーム » コメディ » 男はつらいよ

男はつらいよ

さあ、「男はつらいよ」の登場だ!!
当然、この国民的映画を語るなら、第一作からみなきゃあ、はじまらない!!

安心して観られる邦画のトップを何年間も独走していた? フーテンの寅さん。
すべてはここからはじまったのだから。

20年ぶりに生まれた町、葛飾柴又に戻ってきた寅さんこと車寅次郎。
幼い頃に別れたきりの妹・さくらは、兄の出現を心から喜んだ。
結婚適齢期のさくらに持ち上がった見合い話。
兄として見合いの場に同席する寅次郎だったが・・・・・・。
さくらの見合いはどうなる? 結婚できるの、出来ないの?
そして寅さんにも芽生えちゃった恋の行方は?


笠智衆演じる御前様が、記念写真を撮るときに真面目~に発する「バター」とか、
森川信演じるおいちゃんの、「バカだねぇ~寅は」なんて言いながら、すぐ胃薬欲しがっちゃうとことか、
「あぁ、これね、これなのね」のオンパレード。

「男はつらいよ」を見ながら、幼い頃、寅さんが好きじゃないと身内が言っていたことを思い出した。
理由は、「フーテンなのに、なんだかんだと周囲をかき回し、それでもみんなに愛されてる感じがずるい」という
ものだった。
真面目にコツコツ働いていた当時の生活環境を思えば、まぁ、そう毒を吐きたくなるのもわからないではない(笑)。
でも、それは同時に、映画の中の寅さんが、寅さんとして私たちの中にしっかり存在していた何よりの証、
なのだよなぁと少しわかった気がした。

そんなわけで、
いろいろやらかす寅さんに向かって、思いっきりツッコミを入れながら見ていいんだ。
焼き鳥でもつつきながら、「ったく、寅さんって迷惑だよね~」とか、
「さくらもさくらだよ・・・・・・」とか、「ぜ~ったいうまくいきっこないさ!」みたいにね。

焼き鳥は、月見をつけて上品にいただくつくねや、こ洒落たプチトマトのベーコン巻きなんてぇのはやめとくれよ。
皮、モモ、ネギマあたりをタレでいただこうじゃないの。
皿のフチの七味をつけてね。

1969年にはじまった「男はつらいよ」は、ご存知主演の渥美清さんが亡くなるまで、
実に48作が製作された。
焼き鳥が食べたくなったら、寅さんでも見るか。
いつでもふらっと帰ってくる寅さんみたいに、いつでもふらっと、ツッコミ入れながら見ていいはずだもんね
(Kuri)

男はつらいよ


第1作 男はつらいよ HDリマスター版 [DVD]第1作 男はつらいよ HDリマスター版 [DVD]
(2008/08/27)
渥美清、倍賞千恵子 他

商品詳細を見る


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ





関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tabegorocinema.blog.fc2.com/tb.php/36-5cdb946e