食べ頃シネマ 〜映画&美味しいもの!ライター&イラストレーターによるシネマレビュー〜

食べ頃シネマ 〜映画&美味しいもの!ライター&イラストレーターによるシネマレビュー〜 ホーム » 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6才のボクが、大人になるまで。

「6才のボクが、大人になるまで。」
いい邦題です。いくつを大人というかは、人によって価値観が異なりますが、
メイソンJr.(エラー・コルトレーン)が6才から18才になるまでを、彼と彼の家族や友人と共に描きます。

尻尾がはえてそうなおチビちゃんの頃から、髭が生えるほど青年になるまでの12年は、実際に撮影にかけた年数でもあります。

ドキュメンタリー映画?いいえ違います。
これはドラマなのです。映画作品なのです。
監督は「恋人までの距離(ディスタンス)」、「ビフォア・サンセット」、「ビフォア・ミッドナイト」というイーサン・ホークとジュリー・デルピーが
イケメン&キュートだった頃から、ちゃーんとおっさん&おばさんになっていく現実も見せてくれちゃった「ビフォアシリーズ」の
リチャード・リンクレイター。
彼の作品と時間というのは、切っても切れない関係なのですね。

さて、この作品の主役メイソンくんの周りにいるのは、母・オリヴィア(パトリシア・アークエット)と姉・サマンサ(ローレライ・リンクレイター)。父はメイソンSr.(イーサン・ホーク)。
父と母は若くして子どもが出来、結婚し、離婚。今は父とは離れて暮らしている。
母は、やがて2人の子持ち男と結婚するが、これがまた難ありで……。


自分たちだけで生きていくことは幼い姉弟には無理なわけで、母の選択に運命を任せていくしかない。
置かれた環境に馴染んだり、馴染まなかったり、楽しかったり、居づらかったり。
だからメイソンは全編を通じて、少し憂いを帯びた目をしています。
父とは定期的に再会し、案外いい関係を保っている。これもアメリカっぽいな。

さて、長期間をなかなかの長時間で描いているこの作品を観ながら、何食べる?
ラザニアなどいかがでしょう。
パスタとソースを幾重にかさね、なんならポテトなんかも間に入れていきましょう。
重なるパスタはメイソンが歳を重ねていく感じに、適度にゴロゴロ入ったポテトなどの具は、
人生の途中にある障害物や、とまどいみたいなもののよう。
でも家族というソースが彼の人生を味のあるものにしているんだよなーなんて思えるかもしれないですね。

途中で冷めたら、チーズをさらに乗せてもう一度焼いてみたっていいのでは?
タバスコをかけるのも賛成です!

18才、自分の進路と向き合うメイソンは、もうすっかり「カワイイ少年」ではなくなっているけれど、
彼の器用とは言えないだろうこれからの生き方も静かに応援したくなってきます。

この作品の制作は2014年。
ひょっとしたら、同じキャストで続編があったりもする?
そうだとしても、それはまだずっと先の話のような気もするので、ラザニアのお皿は一度カラにしてくださいね。
(kuri)


6才のボクが、大人になるまで。




にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
関連記事
スポンサーサイト

きっと、うまくいく

「インド映画、ボリウッド映画は上映時間が長いからちょっとなー」と敬遠していた方に言いたい!
「きっと、うまくいく」は170分ありますよ。でも、長く感じないんだなぁ、これが。

ランチョー(アーミル・カーン)、ラージュー(シャルマン・ジョーシー)、ファルハーン(R・マーダビン)は、
インドの優秀な工科大学ICEの学生。
同部屋になった3人の中でも、ランチョーは目立つ存在だ。
なぜ目立つかと言えば、競争主義の大学に対して、
それを誇りとして学生たちを煽る学長に対して、真っ向からモノ申すから。
彼らは当然、目の敵にされるのだが、そのわかりやすい対立の中で、
おふざけがあるし、茶目っ気があるし、そうだそうだ!と
思うところもあれば、身につまされるところもあるような。


タイトルの「もっと、うまくいく」は、ランチョーたちの合言葉。
「AAL IZZ WELL(アールイズウェール)」と時に胸に手を当てて唱え、時に歌う♪
そう、歌う♪ だってボリウッド!!

突然歌いだすってどうなの? と思うかもしれないが、そう思わないのがボリウッド映画のすごいところ。
で、歌いだすとね、何か食べたくもなりますよ。
どうしようかな、3人だなー、80年代アイドルみたいな並びだなー。
そんな風に見ていたら、カラフルなパプリカが思い浮かんでしまった。
ざっくりカットして、とろけるチーズ+マヨネーズを乗せたりして、グリルでこんがり焼き目をつけよう。
さっぱりいただく焼きパプリカじゃなくて、マヨチーズ味にしちゃうのは、これが若者たちの物語だからかな。
そうそう、マヨネーズにカレーパウダーをちょっと混ぜちゃうのもいいよね。

インターミッションも入るので、ここでパクッといただくのもオススメ。

さて、映画は3人の大学生の青春物語がベースだが、
実は少しミステリアスな部分もあるし、それぞれの家庭環境など、ドラマチックなことがたくさんある。
あ、もちろん!? ラブも!

なんだろう、この盛り込み具合なら1クールのドラマ作れるよね~な位。
ほら、だから170分、ちーっとも飽きないのだ。
yukiさん曰く、ランチョー役のアーミル・カーンは、イライジャ・ウッドとジュード・ロウを足して2で割った系。
たしかに……。でも、たまにミスター・ビーンに見えるのは私だけ?

でも、ランチョーが結構涙もろいイイ奴で、泣ける映画にも入れられるかも。
「あー、面白かった!」そんなシンプルな感想を口にして映画館を出た日を思い出しながら、
改めてみて、「あー、面白かった!」
(Kuri)


きっと、うまくいく



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ

関連記事

探偵はBARにいる

玉ねぎをバターで炒め、ほどよいところで、しおこしょうした薄切りの牛肉を入れる。
赤ワインを加え、デミグラスソースとトマトソース(またはケチャップ)を入れて煮こみ
しおこしょうで味を調える。

そう、ハヤシライスの出来上がり。
マッシュルームとか、なんやかやとシャレたものは入れないことにしよう。
ひたすらにシンプルなハヤシライスだ。

これを、よーく混ぜながら食べるのか、スプーンでほどよくご飯とルーをすくって食べるのか、
食べ方はまかせよう。
でも、カウンターかそれに似たテーブルがあれば、そこで食べてほしい。

何を観ながら?
「探偵はBARにいる」を観ながら……。

探偵の俺(大泉洋)は、探偵。そりゃそうだ。
たいてい、すすきののバーにいる。そのままだ。
ケータイを持っていない。連絡はバーの電話へどうぞ。

相棒の高田(松田龍平)は、相棒。そりゃそうだ。そして運転手も兼ねている。
たいてい眠そうだ。でもむちゃくちゃ喧嘩が強い。空手の師範代なのだ。

探偵は依頼に応える。そりゃそうだ。
探偵は危ない目によくあう。そう相場が決まっている。
探偵は依頼主を守る。そうでなくっちゃ。
探偵はうまくいきかけて、うまくいかず危ない目によくあう。そう相場が決まっている。

大泉洋は恰好をつける。その感じがなんだかしっくりこない。
松田龍平は恰好をつけない。その感じがどうにもしっくりくる。
今作のキーマン沙織(小雪)は、いろいろありそう、何かがありそうだ。だからキーマンなのだ。

謎とまではいかない、トリックとも違う、「そうなの?どうなの?」のうちに物語が進んでいく。
ほうら、だからハヤシライスを先にいいペースで食べておいて良かった。

作品は、2が出来、2017年には3の公開が決定している。
2もお供はハヤシライスでいいのか否か。それはあなた自身で試してみてほしい。
(Kuri)

探偵はBARにいる



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
関連記事

イルポスティーノ

「イルポスティーノ」はイタリア語で郵便屋さんのこと。

パブロ・ネルーダはチリが生んだ偉大な詩人。この映画は実在の人物をモデルに描かれた作品だ。
物語はパブロ(フィリップ・ノワレ)がチリからイタリアの小さな島に亡命してきたところから始まる。

漁師の息子マリオ(マッシモ・トロイージ)は、父の跡を継がず、イルポスティーノとして仕事を得る。
郵便配達先は、パブロ宛のみ。チリはもとより世界中のファンから彼の元にはファンレターが届くからだ。
街から自転車に乗り、パブロの家を訪ねるマリオ。
彼の暮らしぶりに興味が湧くし、何より詩に興味を抱く。
マリオが詩作について教えを乞うと、パブロが言った言葉が素敵だった。
「入江に向かい、ゆっくり岸を歩きなさい」


まったくもって酔わせるセリフだ。
で、どうせならもっと酔いたいので、赤ワインをグラスでどうぞ。
フォルムの美しい高そうなワイングラスは、No no!
カフェグラスでSalute!

マリオは島のパブで働くベアトリーチェ・ルッソ(マリア・グラツィア・クチノッタ)に恋をする。
パブロにこの島で美しいものを言ってごらんと聞かれ、悩んだ末に答えたのは
「ベアトリーチェ」


まったくもって飲みたくなるセリフだ。
そうよ、ルッソ→ロッソにかけて赤ワインなのだもの。
ちなみにLussoとは、イタリア語で贅沢という意味なんですって。
彼女に出会い、恋をしたことは、マリオにとって最高に贅沢なことだったのかもなぁなんて。

地位も暮らしも異なるパブロとマリオだが、二人は交流を深め友人同士となる。
派手にドラマチックにではなく、その自然な進みが心地よく、ワインがすすみそう。
そうそう、ワインのつまみはオイルサーディンがいいでしょう。
こちらも気取らず、缶詰のままでいっちゃいましょ。

二人の友情は、二人の運命は・・・・・・。

運命と言えば、マリオを演じたマッシモ・トロイージ、この映画の脚本も担当していた彼は、
この撮影が終了した12時間後に、心臓病で亡くなった。
手術を延ばし、命がけでこの作品を完成させたのだ。

彼にとって美しいものは何かと聞いたら、「映画」と答えたのかもなぁ。
(Kuri)

イル・ポスティーノ



にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ

関連記事

食べシネ散歩~富士と橋の上と編~

パトリス・ルコント監督作品「橋の上の娘」を観ました。
セーヌ川の橋の上でアデル(ヴァネッサ・パラディ)が出会ったのは、
中年のナイフ投げの曲芸師ガボール(ダニエル・オートゥイユ)。
生きることに意味を見つけられなかった二人は、モナコ、イタリア、トルコと旅をしながら、
互いを必要としていく。それは・・・・・・。

橋の上の娘


全編モノクロのフランス映画。喉が渇いた。
欲しいのは、水なのか、炭酸なのか、アルコールではなさそうな。

と、いうことで、その喉の渇きについての答えは置いておいて、
モノクロの世界から、色のある世界へと、ひっさびさの食べシネ散歩に出ることにしたのです。

あのお方のようこそ!

飛び乗ったのは、東海道新幹線。
進行方向の右列(2列シート)に座り、出発!
東京駅から約45分で三島駅に到着します。
2列シートに座っていると、途中から富士山が見えてきて、テンションは抑えようとしてもあがってきます。
で、三島駅で下車すると、駅のホームから「ようこそ!」と富士山がお出迎え。
これ、言い過ぎでもなんでもなく「ようこそ!」とされるんです!

モノクロの世界から、清々しきカラーの世界へ。
澄み渡る青空と、あの美しき富士山というかお富士さまの姿に心が躍らない人がいるでしょうか。

今回の食べシネ散歩には、友人で整理収納アドバイザーの三ツ井さくらさんにご一緒いただき、
現地に着いてからは、Kuri&Yukiがお仕事させていただいた、三島在住の整理収納アドバイザーでわけるくんの生みの親、関美恵子さんにお世話になりました。

ということで、富士のふもとで食べシネ散歩が楽しくなる極意その1
たまには足をぐーんと伸ばしちゃおう!
富士山に会えたら素直にテンション上げちゃおう!


三島に着いたら、11時開店のおよそ15分前には着きたいところ。
それはうなぎの名店創業60年の「うなよし」さん。
あっ!というまに行列ができてしまい、なくなり次第終了なので、開店と同時に入れたらラッキー!

えっ!? 「昼前からうなぎってヘビーじゃない?」って今、言いました?
何をおっしゃいますやら、新幹線に乗る前からちゃーんと予定していれば
ちゃーんとお腹は、うなぎ殿を迎える準備が整うのですよ。

富士山の伏流水に曝したうなぎは、身がしまり、生臭さがなく美味。
タレも甘すぎず、(予定通り)昼からでもペロリといただけます。

うなよし


富士のふもとで食べシネ散歩が楽しくなる極意その2
おいしいもののためには、躊躇せず腹時計のほうをスケジュールにあわせよう!


店を出たところでもまた、「ちはっす!」と言ってくれるお富士さま。
そして次に向かうのは、「橋」なのです。

吊り橋とボブ・ディラン、みたいな

「三島スカイウォーク」は、平成27年12月に開通した歩行者専用としては日本最長の吊り橋。
ちなみに橋の正式名称は「箱根西麓・三島大吊橋」というのだそう。
橋の上からは駿河湾をのぞみ、伊豆の山が見え、そしてお富士さまが目の前に広がります。

全長400メートル、まあまあ揺れます。人が多ければもっと揺れるそうな。
全長400メートル、まあまあ距離あります。
橋を渡りきると展望デッキの横で、何やらユニークなものを発見!
それは間伐材に花の種が付いたプレートで、橋の上から願い事をしながら投げると、
希望の花が咲いて、願いも叶うかも! というわけです。
旅先(散歩先)では、こういうものに軽々と乗っていくのがまた楽し・・・ですので、1プレート200円。

このプレート、自分で好きなものをおみくじのようにひく仕掛けになっていて、
裏にちょっぴりメッセージが書かれています。
4人でひいたら、4人とも違うメッセージが出ました。
ちなみに、当食べ頃シネマテキスト担当Kuriは「SKY~もっと自由に!」、
イラスト担当Yukiは「WIND~気のむくままに」でした。
もっと自由に、気のむくままに・・・・・・。
そんなわけで、ボブ・ディランもびっくりな感じで、食べシネこれからも続けます(笑)。

復路の吊り橋の上から、このプレートを投げました。
いつ頃、どんな花が咲くのでしょうか。
そして願い事は・・・、あっ! 投げる方向やらなにやらが気になって、願い事忘れてました。
これもある意味、吊り橋効果ということでしょうか。

スカイウォーク


富士のふもとで食べシネ散歩が楽しくなる極意その3
願い事はせずとも、答えは風に吹かれている~♪ 
もとい、モノより思い出、だって普通は橋の上からモノを投げたら怒られますからね。

高いところからお富士さまをたくさん見た後は、
由緒正しきところへ足を向けましょう。
三嶋大社。
大鳥居から総門をくぐって神門、舞殿、本殿へとつづく直線。
単純かもしれませんが、心新たかな気持ちになります。
桜の頃は、それはそれは見事な景観を見せてくれるのだそうです。

三島大社



境内を出て、通りへ向かうと、見上げる先にはやはりお富士さま。
そろそろお暇の時間となった私たちにむけて
「またいつでもいらっしゃいな」と言ってくれてます。

お富士さま、気安く何度も呼んでしまってすみません。
しかも、男っぽかったり、若者っぽかったり、女っぽかったりと
キャラが定まらなくてすみません。でもお富士さまって全く見飽きないのですね。

富士のふもとで食べシネ散歩が楽しくなる極意その4
いつでも空を見上げる、だってそこに日本一の山があるから

「橋の上の娘」のアデルは、物語のはじめは空なんて見上げていませんでしたね。
橋の下の川ばかり見ていた。いや、本当は川も見ていなかったかもしれません。

富士見と名のつく地名や場所は、いくつもあって、でも昔は見えたけれど今は見えないというところも多いですね。
見えなければ見に行けばいいんだ。
そんな当たり前だけどしていなかったことに気づけた今回の食べシネ散歩はここまで。

またふらりと出かけることにいたしましょう。
(Kuri)





にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。