FC2ブログ

食べ頃シネマ 〜映画&美味しいもの!ライター&イラストレーターによるシネマレビュー〜

食べ頃シネマ 〜映画&美味しいもの!ライター&イラストレーターによるシネマレビュー〜 ホーム » 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレイテスト・ショーマン

「グレイテスト・ショーマン」は、「ラ・ラ・ランド」の音楽家チームが手がける作品ということもあり、
公開時の日本での注目度も高かった。
そして公開後は、「ラ・ラ・ランド」より良かった!とか、
ミュージカル映画としての比較みたいなこともあちこちで言われていたっけな。
皆、比較するの好きだよね~~。

まあ、そんなことはいい。
食べ頃シネマ的には、前回、番外編でシルク・ド・ソレイユの『キュリオス』を観て、ビバ!サーカス!的盛り上がりを引っ提げて、
「グレイテスト・ショーマン」をセレクト。

これは、1800年代中盤、ショービジネスで成功をおさめた実在の人物、P.T.バーナムの生涯にヒントを得て生まれた物語。
彼の伝記映画ではない。

少年時代、仕立屋の息子として貧しい暮らしを送ったバーナムは、父の出入り先のお屋敷の娘、チャリティに恋をした。
二人はやがて結婚。(やがてと書いたが、映画ではここまで一気!)
二人の娘に恵まれた。
職を失ったバーナムが思いついたのは奇妙なものを展示する<バーナムのアメリカ博物館>。
それはやがて、ユニークな人たちが出演するショーへと広がりを見せて行く。


夢を現実にするために動き出した時のバーナムの行動力はすごい。
パチパチと弾けるような明るさと華やかさがあって、まぶしい。
こういう人って現実社会にもいる。
その行動力はまぶしくて、うらやましくもあるから、ちょっと引いた目で見てしまいがちになる。
でもこの映画はそれを音楽、歌、パフォーマンスを加えたスピード感で見せていて、観ているものをザバッっと救いながら
その世界に巻き込んでくれる感じがあってありがたい。

低身長の親指トム将軍は、人目がつかないように暮らしていたけれど、バーナムはそんな彼をザバッと引き込んだ。
ヒゲの生えた女性歌手レティには、ビジュアル以上に魅力的な歌声を披露させて、ザバッと引き込む。
ユニークであることを売りにするのだけど、それはとても策略的なのだけど、
そういうこともひっくるめてザバッとだ。

では食べ物も豪快に、まるごとスイカを用意!
中身をザバッとくり抜いて器にしたら、円形のステージのようではないか!
そこにいろいろなフルーツを入れちゃおう。メロン、オレンジ、スイカ、チェリー、パインやブルーベリーも。
果汁もいろいろ、形が崩れてもへっちゃら、食感のおもしろいゼリーや白玉を入れてもいい。
そしてサイダーをシュワーっと注ぐ。
グレーテスト・ショーが器の中で弾ける感じがいいじゃない。
レードルですくって、みんなでシェアしながら食べたら、絶対楽しいよね。

グレイテスト・ショーマン

さて、物語はといえば、バーナム、彼の家族、バーナムのビジネスパートナーとなるフィリップやショーマンたちを巻き込み、
成功と栄光の先の不和や挫折と、目まぐるしく展開していく。
目まぐるしくてもそのストーリーを追っかけていけるのは、音楽の力なのかもしれない。
いや、それだけじゃない。
揺るぎなくその根底に、人間たちの生きる強さとか、つながる力があるからなのだろう。

カラになったスイカの器に、残った赤い果肉をスプーンで削って食べてみよう。
色ほど甘味はなくて、食べなきゃよかったと一瞬後悔するかもしれない。
でも、いろんなフルーツの味がじわっと染みてて、悪くない気もする。

それって、「グレーテスト・ショーマン」を観終わったときの感覚になんだか似ているような。
(Kuri)

映画公開当時の拙レビューもよかったら・・・・・・

関連記事
スポンサーサイト

シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』

おうちで映画鑑賞もいいけれど、
たまには外へ飛び出そう!

食べ頃シネマ・番外編<観劇>第2弾、
シルク・ドゥ・ソレイユ公演「キュリオス」観劇イラストです。
(第1弾はこちら)

食べシネメンバーKuri&Yukiはいずれも、シルク・ドゥ・ソレイユ初体験。
サーカス鑑賞自体も何十年ぶりか…という二人でしたが、
さすが世界中で人気のエンターテイメント、思わず声を上げてしまう演技に
あっ!という間の2時間強でした。

ちなみにシルク・ドゥ・ソレイユ(Cirque du Soleil)は
フランス語で「太陽のサーカス」の意。
実は音だけ聞いて、「シルク=SILK(絹)」だと思ってました。

そりゃそうだ、それじゃあ「絹の太陽」て意味になっちゃう(それはそれで意味ありげでいいけど)
と、今さらながら合点したyukiでした。

ともあれ、家族、カップル、仲間同士…誰と行くにもオススメの公演ですヨ〜。
(yuki)

kuriさんの詳しいレビューはイラストの後半から〜。

◆キュリオス<日本公演>オフィシャルサイト

シルク・ドゥ・ソレイユ キュリオス


★★★

サーカスと言えば、食べシネでは、「裏切りのサーカス」とか「橋の上の娘」なんかも観てきましたが、
シルク・ドゥ・ソレイユの「キュリオス」はいったいどんな世界が目の前に広がるのかなぁと、
好奇心マックスでお台場へと向かったこの日の2人。
……と、「キュリオス」は、「好奇心」とか「骨董品」という意味を持つ言葉なんですって!
あら、じゃあ持ち物準備としては完璧じゃない!! 
え!? 骨董品の方も準備OKだね、ですって!? 失敬な!!(コホン)

イエロー&ブルーのテントの前には、開場を今か今かと待つ人、人、人。
もちろん、皆、好奇心を持参のようですよ。

テントをくぐるとそこには公演に出てくるキャラクターらしきオブジェがあったり、売店があったりでキョロキョロが止まりません。
そこから客席に入れるまでにはもう少し時間があるので、ここは落ち着いて、先に何か食べるものを仕入れちゃおうかと、
さっそく売店に並びます。

さて、選んだのは……。
キュリオス、キュリス、チュリス、チュロス……ってことで、シナモンシュガーとモチモチ食感のチュロスをyukiさんがセレクト。
えっと、本当はダジャレで選んだわけじゃあないそうです(yukiさん談)。

シルク・ドゥ・ソレイユを観る際は、客席での飲食OK!ということで、
いつもの観劇ではアルコールには手を出さないkuriですが、今回はいっちゃいました、生ビール。
だってね、暑い~日だったのですもの。
おつまみセットも合わせて買って、さぁ、いざ客席へ。

舞台は19世紀の産業革命時代を彷彿とさせるシャビーシックな世界です。
どこから誰が、何が出てくるかわからないこの感じ、子どもだったら興奮して鼻血出しても、湯気を出してもおかしくないような。
そんな風に思っていたら、プシューッと音がして、いろいろ始まりましたぞ。
いざ、キュリオスの世界へ!

なぜサーカスに大人も子どもも好奇心をくすぐられるかといえば、
それは、基本的にセリフがないことだと思うのです。
コミカルな動きや表情、見たこともないパフォーマンスに集中することで、クレッシェンドするみたいに五感が研ぎ澄まされていくんですよね。

研ぎ澄まされるとどうなるかといえば、思わず口をあんぐりあけて見上げちゃったり、
ワーオ!と無意識に声が出ちゃうわけです。
「危ないっ、落ちる!」とか「ヒャー、ぶつかるっっ!」みたいな声はかろうじて抑えて、でもワーオ!とか、スゴーイ!!は
出ちゃうわけ。

イラストでご紹介している演目のほかにも、人間空中ブランコ“ロシアン・クレードル”や
イスを積み上げた「マジか!?」のパフォーマンス
“バランシング・オン・チェア”など、歓声と悲鳴の間で血圧あがっちゃう演目がズラリです。

途中休憩をはさみますが、この時オススメしたいのは、テントの入口エリア、ロビーに戻ってモニターをチェックすることです。
前半のおさらいをしながら、このキュリオスの世界をわかりやすく解説してくれているのです。
「そっかそっか、あれはアレなんだ~、だからAREなんだー」と知って、後半はよりキュリオスのワールドに気持ちよくハマれます。

あ、飲み過ぎると別の気持ちよさにハマッてしまうので、そこは自己責任でお願いします。

ネットを使った高低差ハンパないトランポリン技を堪能できる“アクロネット”や、人間の体ってなんとすごいことかと、
「いいもん見させてもらったわ~~」みたいな骨董品モードでつぶやきたくなる“バンキン”など、次々とパフォーマンスを楽しんでいるうちに、夢の1分間は終わりの時を迎えます。

え?1分間ってどういうこと!? その答えはぜひ、キュリオステントの中で確かめてくださいね。
(kuri)
関連記事

ピッチ・パーフェクト

まずは、ウエハースを用意して!
白っぽいタイプと黒っぽいタイプ、両方あるといいわね。
うん、いい感じ!!

なんでウエハースかって!? これ、並べると何かに見えない?
そう、正解! 鍵盤に見えるよねっ。
じゃあ、準備が出来たら、今回の映画、行くよ。「ピッチ・パーフェクト」



と、海外青春ドラマの吹き替え版風テンションで書いてみました。
そう読んでなかった方は、はい、初めから読み直してみてくださいね。

日本では2015年に公開された映画「ピッチ・パーフェクト」は、大学のアカペラグループを
中心に展開する、音楽いっぱい、おバカな青春いっぱいのストーリー。

バーデン大学に入学したベッカは、音楽で食べていくことを夢見るちょっとおませな女の子。
自分でサンプリングをしたりもしていて、「大学にいったら好きな音楽を思いっきり楽しむ!」と
思っていた。
ひょんなことから、大学内でも伝統のある女性だけのアカペラグループ「バーデン・ベラーズ」に入ることになったベッカ。
80年代の曲をアカペラで歌うそのグループは、ベッカにとっては、なんだかイケてない感じ。
おまけに先輩も同級生も変わり者ばかりで……。


パフォーマンス上手の男性アカペラグループ「トレブルメーカーズ」との対立や
凸凹だらけのグループ構成、「それホントに必要?」というしきたりなんかもあって、
なかなかしっくりいかないところが、見ていてラクに突っ込めるポイント。

だからホラ、そういう時には、食べてよ、食べて、ウエハースを!
そう、いい感じ!(2回目)

吹き替え版じゃないのに、こういうテンションで見られるのです。
海外ドラマ「glee」がヒットを飛ばし、この「ピッチ・パーフェクト」も全米で大ヒットを飛ばしたんだって。
日本でも最近ならリトグリ(Little Gree Monstar)が人気なので、好きな人も多いんじゃないかな。

すんごい挫折からの成功物語!ではないので、サラーッとしすぎて物足りないという人は、
続けて「ピッチ・パーフェクト2」も観ちゃうのをおすすめします。
それこそ、海外ドラマをイッキ見する感覚で。

パート2は、とんでもないエピソードからスタートして、凸凹があったり、恋があったり、成長物語にもなっていて、
パート1が伏線の効果を出してくれるので、間を空けずに観るのが良さそう。

ただし、2作続けてウエハースをお供にしていると、完全に口の中の水分は持っていかれるので、
なにか飲み物もご一緒に!
アイスコーヒーとか? アイスミルクティーとかかな?
うん、いい感じ!(3回目)

(Kuri)




ピッチ・パーフェクト

関連記事

2018年6月30日公開「名前」

サキドリ・シネマは、公開前の作品をちょっぴり先取りでお届けする新企画。
食べシネアイコンも是非ご参照くださいね。



人には名前がある。
吾輩にだって、猫にだって、金魚にだって、おおよそ名前がある。
たぶん、一つの。

映画「名前」には、いくつもの名前が出てくる。
覚えきれないほどの数ではないので、ご心配のなきよう。

その40代の男(津田寛治)と女子高生・笑子(駒井蓮)は、出会い、時間を共有する。
二人の距離感はよそよそしかったり、謎だったり、やけに近かったりと
シーンによって異なるが、いずれも心地よい。

反対に、男と彼を囲む人たちとのは距離感は総じて無機質だ。
その理由は物語を追うごとに見えてくる。
女子高生・笑子を囲む人たちとの距離感はひたすらリアルだ。
女子高生を通過したことがある人には、皆、どこか心当たりがあるような学校生活のシーンが、
物語の中盤から盛り込まれ、落ち着く暇はない。

直木賞作家・道尾秀介が書き下ろしたオリジナル原案を元に作られた作品を、
劇作家・演出家として数々の作品を手がける戸田彬弘が監督。
演劇好きにもうれしい、というかニヤニヤしてしまいたくなるシーンがあるのもそのためだ。

二人の名前は何で、その名前はどこにつながっているのか。
ジワジワと展開するストーリーは、ヒューマン・ミステリーとカテゴライズされているが、
観終わったあとの気分は、じんわりと心地よい余韻をくれる。

さて、「名前」というタイトルが気になり、ここ最近、会う人、会う人に名前の由来を聞いている。
聞いていくと、なんともいい気持ちがしてくるので、実はオススメしたい。

ある花の名前の人は、お母さんが「来年もキレイに咲くから」という理由で決めたそうだ。

このブログ「食べ頃シネマ」のイラスト担当yukiさんは、柚の季節に生まれたのが名前の由来。でも当時は人名に柚の字は使えなかったので、由季になったのだそう。

恥ずかしながら、私の名は、与謝野晶子が由来。
ただし、なんのつながりがあるわけでもなく、母がその名の文字を気に入っただけらしいけれど。

ちなみに本作の監督、戸田彬弘さんに伺ったところ、京都にあるあの陰陽師 安倍晴明の晴明神社で3つの候補の中から選ばれ、命名された!とのこと。

ほらね、いろいろあって、なんだかいい気持ちがしてくるでしょう?

主人公の笑子にも、名付けの由来があっただろう。
男の名もまた。

映画を観終わった後には、それぞれの名前の由来をネタに語りたい。
(ライター 栗原晶子)


【食べシネ・アイコン by Yuki Mutaguchi】
食べ頃シネマ的オススメマークです!

語りたい四角じんわり丸



<公開情報>
「名前」
2018年6月30日 新宿シネマカリテほか全国順次公開

出演/津田寛治、駒井蓮、勧修寺保都、松本穂香、内田理央、池田涼、木嶋のりこ、金澤美穂、
     波岡一喜、筒井真理子 ほか
監督/戸田彬弘 原案/道尾秀介 脚本/守口悠介


〈Information〉
サキドリ・シネマでは、紹介した映画をご覧になった方からの、「この映画を見たらこれ食べたい!飲みたい!」のアイデアを勝手に募集いたします。
#食べシネ をつけてツイートいただくか、メッセージをお送りください。
映画を食べ頃シネマ的に楽しもう!

食べシネテーブル~パディントンの世界、英国茶会気分で~

食べシネ番外編、食べシネ散歩につづいて、新たに始まりました、その名も「食べシネテーブル」。
いつもは映画に合う食べ物を勝手に紹介していますが、この「食べシネテーブル」では、
そのご提案の食べ物とともに、映画のこと、映画にまつわるテーマを設けて
楽しくテーブルを囲む様子をレポートします。

食べシネテーブル英国茶会編

今回は「パディントン」の世界をネタに、英国茶会と洒落こみました。
場所は、壁紙と収納Aoyamaさんのレンタルルーム。
黒×白のローテーブル、障子には大柄のお花の切り絵があしらわれていてファンタジー!
ストライプの壁にトランプやティーポットもディスプレイされていて、不思議の国のアリスの世界が広がっています。
そういえば、アリスも英国のお話でしたわね。

さて、テーブルの上をチェック、チェック、チェック。
「パディントン」でご提案したスコーンが主役です。たっぷりのホイップとブルーベリージャム。
あ、映画ではパディントンの大好物はマーマレードでしたが、
スコーンにブルーベリージャムもテッパンです。ハチミツってのもいいですね。

根菜たっぷりのキッシュと自家製ローストビーフもありますよ。
そうそう、ローストビーフも英国の伝統的な家庭料理なんですよね。
飲み物はもちろん、英国紅茶。この日はAHMAD(アーマッド)TEAをセレクト。
パッケージには、英国の名所が描かれているので、テーブルの上にディスプレイしても
気分出せちゃいます。

では、気ままな食べシネテーブルトークをちょっとだけ公開♪
Y 「パディントン、予想以上に笑えましたね~」
K 「そういうことだったんだーって何回言ったことか!」
M 「ニコール・キッドマンのこういう役やスタイルも好きだなー」
K 「それにしてもブラウン家の素敵なこと!」
Y 「色使いがキレイ。英国って感じで」
M 「全編を通して登場人物にテーマカラーがあって部屋にも生かされていて。ほんとに好きな世界!」

Y 「このふわっふわなパンがまたイギリスを感じさせるし、美味~」
K 「フィッシュフライのこのシンプルな味も意外と嫌いじゃないなー、私」

と、食べてばかりのKuri&Yukiでして・・・・・・。

M 「お待たせしました。デザートも忘れてはいけませんよ~」
Mr. 「ただいまー」(Mr.は、Mさんのご主人Mさん。デザートとほぼ当時にご登場!)
K 「デザートまであるなんて!」
Y 「トライフル!これも英国のデザートですね」

パディントンのぽっこりお腹もなんのその、しっかり完食いたしました。
実はこの後、Mr.のなつかしの映画パンフレットコレクションを見せていただくというオプションもあった食べシネテーブル。
今回はこの辺でお開きといたしましょう。
(Kuri)

壁紙と収納Aoyamaさんのレンタルルームには、今回のお部屋のほかにも
素敵な壁紙とインテリアが楽しめるお部屋がいろいろ。



 
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。